20 5月

夢を生きるのは大変なこと

私の友人には、売れない漫画家とか売れない小説家とかが多くて、みんな若いころから夢を持って、それを実現しようとしているのだけれども、結局夢を生きるというのは本当に大変なことなんだなあ、という現実を知らされました。

漫画同人誌の仲間は、もうみんな40代、50代で、プロの漫画家をやっている人たちは、かなり経済的に苦労をしているようです。
イラストとかアシスタントの仕事などもあるようですが、漫画だけではなかなか食べられないみたいですね。

若いうちは夢がいっぱいあれば、それだけでもけっこうハッピーだったりするのですけど、さすがに50歳を越えてくると厳しいものがありますね。
だいたいの人は、他に仕事をしているのですが、介護だとか福祉の仕事をしている人が多いです。

夢を生きることは苦労することなんだな、と、50代になった今としては、周りを見てそう思います。