13 5月

漫画家から介護業界に

昨日、本屋さんで、漫画家から介護士に転職した人の実録漫画を立ち読みしてしまいました。

その人は49歳での転職だったそうで、いろいろと大変だったようです。
ずっと漫画で何とか生活していたらしいのですが、やはり出版不況などで、連載が次々なくなり、連載をしていた雑誌もなくなったりして、とうとう漫画で生活することを諦め、他の仕事を探すことになったとか。

とはいえ、49歳で全く無経験の仕事を探すのは大変なことです。
介護関係だとまだしも求人があったので、思いきって介護の資格を取り、介護業界にようやく雇ってもらえたとか。

そういえば、私の友人の一人もずっと長いこと売れない漫画家とライターをしていて、50代でヘルパーの資格を取って介護の仕事をするようになりましたけど。
それぐらいの年齢になったら、介護業界だったらまだ雇ってもらえるのかもしれません。